腰痛のお客様が激増する季節

おはようございます。PHYSIOMED代表の田中紀行です。
秋から冬にかけて、腰痛を訴えるお客様がとても多いです。

この時期に腰痛が増えるのはなにか理由があるのでしょうか?

pain

症状を聞くと腰を反ると痛いタイプ、腰を曲げると痛いタイプが混在しています。

一般的に腰痛は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症のように病院で診断される特異的腰痛とはっきりとした原因が明らかでない非特異的腰痛に分けられます。その割合は、特異的腰痛は10~20%に対し、残りは非特異的腰痛となるため多くは原因がはっきりとしないことが多いです。原因がはっきりしないため、一般的に痛み止めの処方、痛い部位への電気療法等の物理療法、簡単な運動療法が対応策としてとられることが多いです。
なぜこれほど非特異的腰痛が多いのでしょうか?

その理由で一番大きいのは、やはり個人生活習慣、環境、仕事、嗜好品、癖などの人間としての違いがあることでしょう。

life

さらにこの時期は、寒暖差が激しく、乾燥も強いため身体の変化が大きくなります。

最近ではメディアなどで取り上げられ、寒暖差アレルギーと言われることもあり、鼻水、咳、くしゃみ等の風邪様の症状に加え、睡眠不足、食欲異常、イライラ等の自律神経に関連する症状も出現するようです。原因としては寒暖差により血管運動に異常をきたすことが言われています。

これらをまとめるとこの時期に出てくる腰痛は、ライフスタイルに変調を来した結果多いようです。

・身体の運動量の低下 ⇒ 筋肉が硬くなる

・食事バランス異常による内臓系への負担 ⇒ 内臓に負担がかかり硬くなることで冷えやすくなる

PHYSIOMEDでは、十分にお話しを聞きながら、痛みの原因になっている個々の要因をさぐります。その後に、個々に合ったコンディショニングを行い、身体の動きの改善を目的としたトレーニングを実施致します。

基本的にはそれだけではまだ十分とは言えません。

PHYSIOMEDでのアプローチの原点は、自己管理できる身体意識の変化と管理方法の知識を得ていただき、セルフメンテナンスできる身体作りをサポートしていくことです。

腰痛で困っている方は、一度ご連絡くださいね♪

【セミナー情報】

【テーマ】「女性クライアントへの手技&運動アプローチ」

【照喜名弘彦先生からの概要の説明】
頭痛・肩こり・腰痛・便秘・冷え・むくみ・
婦人科系の不調(生理痛・生理不順・妊娠中や産後のトラブルなど)・・・。
女性が抱えるカラダの悩みには、ある程度共通項があります。
もちろん細かくは個人差がありますが、
多くの女性に共通する不調になりやすい部分を改善するだけでも、
心身共にかなり楽になります。
今回のセミナーでは、
普段の個人セッションで女性クライアントに使っている手技(筋・骨格・内臓・経絡など)と、
運動のアプローチをご紹介します。
手技で調えるだけよりも、その状態を維持・向上するためのカラダの使い方も身につけていただいた方が、よりカラダは変わります。
逆に、運動をするにしてもカラダ本来の働きが出来るような状態に導いてからの方が、より効果的です。
手技でしか出来ないことと、運動でしか出来ないことが、あります。
現在進行形で使用しているアプローチを厳選してお伝えしますので、すぐに現場で活用できると思います。
シンプルに、そしてもちろん効果もしっかり引き出せるように、
そして何より安全性を第一に考えアレンジした、オリジナルのアプローチ法をご紹介しています。
女性クライアントの美容・健康サポートをされている手技療法家・パーソナルトレーナーの皆さんにとって、
アプローチの幅が広がり、深まる内容だと自負しております。
ご参加お待ちしております!

前回のセミナーの様子

20140622_123449

~内容~

Ⅰ クライアントとの同調
Ⅱ 枝葉の前に、根と幹を調える
Ⅲ 骨格調整(頭蓋・胸郭・骨盤帯)
Ⅳ 経絡
Ⅴ 調った状態を維持・向上するためのカラダの使い方

日時:2014年12月21日(日)10:00-16:00(9:30—受付開始)
会場:アカデミー国枝バレエ
名古屋市営地下鉄鶴舞線浄心駅5番出口より徒歩3分
名古屋市西区花の木3-11-19(周辺にコインパーキング多数あり)
定員:20名 ⇒ 2名
参加費:16,000円(kokokara会員 12,000円)
【お申込み先】
こちらをクリックして申込み先フォームへ移動
*定員を超えましたらキャンセル待ちとなります。
*申込み後、しばらく待ってもメール返信がない場合は、physiomed2013@gmail.comまでご連絡ください。

皆様のお申込みを心よりお待ちしております。
ご不明な点がございましたら、お問い合わせ先 physiomed2013@gmail.com までご連絡下さい。

コメントを残す