スタジオコンディショニングin東京

PYHSIOMEDでは、ご依頼に応じて出張訪問を行っております。
本日は、4月27日、28日の2日間の東京でのスタジオコンディショニングのご報告です。

今回は、東京都内の二ヵ所にスタジオ訪問させていただきました。

20140427_123720

各ダンサーさん、それぞれにしっかりとした目標を持っておられ、ディスカッションをしながらコンディショニングの内容及びトレーニングを構成して進めてまいりました。

コンディショニングは、股関節・腰部・膝関節・足関節などの痛みや動きにくさの改善を中心に身体の状態をベストにできるものを最適な量で提供します。ダンサーの方だけでなく人間の身体は基本的な回復力が伴っており、各個人それぞれの最適量を見極めることが、痛みや動きにくさの改善するのに最も重要となります。

トレーニングは、バレエに関わらずそれぞれのスポーツに特化した動きをトレーニングするわけではありません。パファーマンスに対してどのような身体要素を向上すべきかを評価・分析することによりパフォーマンスをアシストする身体機能・意識を向上することを目的としています。

コンディショニング及びトレーニングの二つの要素を基本構成とすることにより各個人のニーズに最大限お答えできると考えています。

今回、お受け頂いた16名の方々、及び機会をいただきました各スタジオオーナー様に感謝致します。また、日々良いものを提供できるように検討してまいりたいと思います。

 

 

 

コメントを残す