五感に対する経絡アプローチ

PHYSIOMED代表の田中紀行です。
みなさんは好きな言葉がありますか?
私は割とこの言葉が好きです・・・『晴耕雨読』

本来の意味は、田園で世間のわずらわしさを離れて、心穏やかに暮らすこととされています。

その意味の根源を見てみると、

『晴れた日には田畑を耕し、雨の日には家に引きこもって読書する』

という事から、晴れた日は働き、雨が降れば学ぶということですね。

hanter

昔は、あまり本を読むことが好きでなかったのですが、今は沢山、本を読むようになりました。

学びについていつもハングリーでいたいものですね。

そして・・・

半年に一度の・・・

沖縄からの学びの楽しさを伝える風が名古屋で吹きます!

6月28日(日)新テーマ『五感に対する経絡アプローチ』で、元氣サポートルームkokokaraの照喜名弘彦先生のセミナーが開催されます。

五感に関わる愁訴は多々あり、五感の状態を無視しての運動器系のトレーニングよりも五感を意識しての運動器系のトレーニングはより効果的であると考えられます。

gokan

【照喜名弘彦先生からのメッセージ】

視覚(目)・聴覚(耳)・嗅覚(鼻)・味覚(口)・触覚(皮膚)の五感を司る器官の機能を高めるための経絡アプローチをご紹介します。

五感のセンサーが高まることで、カラダ全体の反応が高まり運動機能の学習効率が高まります。

また思考―感覚のバランスが崩れ、思考に偏り「アタマデッカチ」になってしまう傾向にある方が多いと思います。思考に偏るとカラダはこわばりやすくなります。

五感のセンサーを高めることによって自然にカラダは緩み、またカラダのサインをキャッチしやすいリラックス状態になります。

また、眼精疲労や目眩、耳鳴りや難聴、花粉症などのアレルギー、味覚障害などの症状緩和も期待できます。

施術や運動指導では運動器へのアプローチがメインになることが多いかもしれませんが、感覚器の働きを高めるアプローチも取り入れることで、こわばりから解放され、よりカラダ本来の機能を発揮しやすい状態になります。

また施術者自身のセルフメンテナンスに取り入れることで、クライアントのより繊細な反応をキャッチできるようになり、それによって施術効果も高まってきます。

これまで経絡アプローチを使ったことがないという方でも、大丈夫です!

「五感」と「経絡」にご関心のある方のお申し込みをお待ちしております。

【申込みの詳細】
日時:2015年6月28日(日)10:00-16:00(9:30—受付開始)
会場:アカデミー国枝バレエ
名古屋市営地下鉄鶴舞線浄心駅5番出口より徒歩3分
名古屋市西区花の木3-11-19(周辺にコインパーキング多数あり)
定員:20名
参加費:19,000円(kokokara会員 15,000円)
【お申込み先】
こちらをクリックして申込み先フォームへ移動
*申込み後、しばらく待ってもメール返信がない場合は、physiomed2013@gmail.comまでご連絡ください。

皆様のお申込みを心よりお待ちしております。
ご不明な点がございましたら、下記お問い合わせ先までご連絡下さい。

【お問合せ先】
<PHYSIOMED>
TEL: 090-5852-4757(田中紀行)(※不在時はお掛け直し致します)
e-mail:physiomed2013@gmail.com
Home:https://physiomed-japan.com/

是非、学びの楽しさに触れてください!
皆様のお申込みをお待ちしております(^o^)

コメントを残す