三重県トライアスロン協会講演

4月6日(日)三重県トライアスロン協会様の講演講師としてお声をかけていただき下記のテーマで講演させていただきました。


siryo

テーマは、『スポーツ傷害を防ぐ正しい動作とトレーニング概論』というもので、簡単な実技もふまえ、約75分ほどお話しさせていただきました。

今回のお話のコンセプトは、

スポーツ特有のテクニック・スキル向上を目指したトレーニングへの偏りをなくし、本来の選手が持つ柔軟性やしなやかさが向上するような、力みがない高いレベルのパフォーマンスを得るためのポイントとしました。

つまり、反復したのトレーニングではなく、の要素をフォーカスし、効率良くかつ効果的なトレーニングを実施し、ケガがなくパフォーマンスを向上していただくといったものです。

御参加いただいた皆様は、大変熱心に聞いて頂き、実技も積極的に行っていただけました。何より驚いたことは、講演後の皆様の個人的な身体の悩みやトレーニングの取り組み方への質問が非常に多く、会場が使用できるギリギリの時間までアフター講義をやらせていただきました。

ケガをする前にしっかりとした知識でトレーニングを組んでいただけると幸いです。

トレーニングの仕方にお悩みの様々なスポーツ関連、また、スポーツに関わらない方でも日常の身体のケアにお困りの方が見えましたら、いつでもお問い合わせください。

今回の会場は、大変お世話になっておりました鈴鹿医療科学大学さんでした。関係者の皆様本当にありがとうございました。

20140406_170406

コメントを残す